代表平地が2018年度のアドテック関西に登壇しました

2016年度のアドテック関西から1年越しで代表平地がアドテック関西での登壇を無事終了したことをここにご報告します。今回は『スポーツ球団という「媒体」の可能性を探る』というタイトルにて実施いたしました。

 

アドテック関西

 

今回のパネラーは、ガンバ大阪にスポンサーする白ハト食品工業の代表 永尾俊一氏、セレッソ大阪の営業グループ長 猪原尚登氏、3×3大阪DIMEのオーナー 河野矢氏と本当に豪華なメンバーにて実施させていただきました。

当社の代表平地はモデレーターとして、セッションの全体像や進行、そしてセッションの盛り上げ役を担当させていただきました。サッカー色が強いセッションとはなりましたが、地元のプロスポーツ3チームが参加してくれたことで、非常に有意義なセッションができたのでは、と感じております。

 

地方創生の軸になりうるスポーツ

 

左から当社平地、白ハト永尾氏、セレッソ猪原氏、大阪DIME河野矢氏

 

大阪公会堂の最大ホールで

 

白ハトくくるの取り組み

 

引き続きプラスクラスならびにプラスクラス・スポーツ・インキュベーションはスポーツマーケティングの振興のために動いてまいります。