代表平地がアドテック東京に登壇しました

2日間雨の中行われた2016年度のアドテック東京。初日の20日のセッションに代表平地は登壇させていただきました。

 

「スポーツとテクノロジーによる次世代マーケティング」〜東京五輪、サッカー、野球、バスケ〜新たな波に日本はどう乗るか?

 

会場は100人強くらいが入れそうな小さな場所でしたが、満席となり、スポーツとテクノロジーをかけ合わせた何かしらに興味がある方も少なくない!と感じられた良い機会となりました。

以下、登壇させていただいた平地からのコメントです。

今回はアドテック東京”初”のスポーツに関するセッションだったそうです。そういった機会に登壇させていただき、本当に感謝しています。事務局の方々にはもちろんですが、登壇するキッカケ(背中を押していただきました)を作っていただいた株式会社コメ兵の藤原さんにも非常に感謝しています。

PSIが実践している泥臭いスポーツ✕デジタルマーケティングについては当日なかなか触れられませんでしたが、スポーツビジネスに何かしらの興味を持ってあの100人の方々が帰ってくれたなら嬉しいな、と思っています。

スポーツビジネスはコンテンツビジネスです。そのコンテンツに今何が求められているか?それは、デジタルでの消費が求められていると確信しています。PC、スマホ、タブレット、VR、AR、”様々なデバイス”でいつでもどこでも”オンデマンド”に見れる時代が来ようとしています。いや、すでに来ています。

そんな時代にスポーツ業界が、スポーツチームが、リーグが、しっかりと付いていけるよう、私たちで支援していきたいです。これからのPSIの活動にぜひご期待ください。

 

東京オリンピックに向けたコメント

東京オリンピックに向けてデジタルがやるべきこと、に対するコメント中

 

Bリーグ発足への期待を語る

コンテンツを一元管理するように設立されたマーケティング会社について言及中